物に執着しない暮らしを手に入れる:私の断捨離体験談 - 有限な大切な時間とお金の使い方@ラボ

物に執着しない暮らしを手に入れる:私の断捨離体験談

Life

今回は、私が断捨離をしてから物を買わなくなり、お金も節約できた体験を女性目線でお伝えします。断捨離によって部屋もスッキリし、心も軽くなりました!

私は以前、100円ショップや300円ショップで安くてかわいいものを見つけるとついつい買ってしまっていました。置物や便利グッズなど、必要のないものも買ってしまっていました。しかし、置物はホコリをかぶるし、便利グッズは場所を取ります。ある時、部屋がモノで溢れかえっていることに気づきました。

そこで、私は断捨離を決意しました。断捨離とは、不要なモノを捨て、必要最低限のモノだけを持つことで、スッキリとした暮らしを実現する方法です。

私はまず、衣服から始めました。洋服は、制服化して、会社に行く服を3日分くらい着まわすようにしました。これによって、洋服の種類が減り、洗濯も楽になりました。

次に、小物や置物などの不要なものを捨てました。これまで、安いからとついつい買ってしまったものがたくさんあったのですが、実際に使っていないものが多かったことに気づきました。断捨離をすることで、本当に必要なものだけを持つようになりました。

そして、私は、今後もモノを買う際には、厳選するようにしました。必要なものかどうか、本当に使う機会があるかどうかをよく考えてから買うようになりました。それによって、お金を節約することができるようになりました。

断捨離をすることで、部屋がスッキリし、モノに縛られることがなくなりました。また、お金を節約できるようになったことで、ストレスが減り、心も軽くなりました。今では、必要最低限のものだけを持つ生活が当たり前になっています。

断捨離は、一度やってしまえば、その後の生活がとても楽になるものです。必要なものだけを持つことで、自分の大切な時間やお金を有効に使うことができます。ぜひ、断捨離を試してみてください。